キャバクラを10倍楽しむ方法

キャバクラを出会いの場として活用する方法

*

SEO日記|キャバクラでの会話 トーク術は不要?!

      2015/12/23

こんにちは。
けなっしーです。

先日は「キャバ嬢 攻略」というキーワードについてSEOを意識して記事を書きました。
まだ数日しか経過していませんが、今のところあまり効果はなく、むしろ掲載順位が若干下がってしまいました^^;

まあしばらく様子を見てみます。

今日は突然ですが「会話」や「トーク術」について。

Googleの月平均検索回数を調べてみると、「キャバクラ 会話」で590、「キャバクラ トーク」が260。
キャバ嬢 会話」「キャバ嬢 トーク」などでも同様の検索回数がありました。

検索している人はキャバクラの客かキャバクラで働く嬢のどちらかでしょうね。
実際に検索してみても、そのどちらかを対象にしたサイトが上位表示されます。

キャバクラで何を話すべきか、について知りたい客や嬢がかなり多く存在することが検索回数からもわかります。

キャバ嬢向けトーク術にも興味はありますが、当サイトはキャバ嬢攻略を目指す方の味方ですのでまずは客目線で考えてみましょう。

キャバクラでの会話で注意すべきこと

簡単です。
以下の話は一切しないでください^^;

・自慢話
・お説教
・下ネタ

まあほとんどの客は上記3大NG話のオンパレードですよ。
これらを回避するだけで上位50%の好かれる客になれます。

ではキャバクラでどのような会話をすべきか。
ここでは初回入店を想定します。

初回にやるべきことは「相手を知ること」と「好印象を抱かせること」

この2つを意識して会話をします。
「相手を知る」はそれほど難しくないですよね。

好きなお酒や食べ物、吸ってるタバコの銘柄、今ハマっていること、最近の悩み等々聞くことはいくらでもあります。

これらの情報は忘れないように店から出たらすぐにメモしておきましょうね。
2回目以降の戦略を練るために必要な情報ですので^^;

もう一つの「好印象を抱かせる」については少し考えて行動しないといけません。
先ほどのNG話をしないだけでかなり好印象なのですが、それだけだとあまり印象には残りません。

「好印象」とはどんな印象でしょう。

「一緒にいて楽しい」「話しやすい」「売上に貢献してくれそう」「理解してくれそう」等々ですかね。

これらの中で一番簡単なのは実は「売上に貢献してくれそう」です^^;
いやらしい話ですが、まずは相手にとってのメリットを明確にしてあげることで好印象を抱かせるのが手っ取り早いんです。

「今度接待があるんだけど、ここ使えるかな?」とこの一言で嬢のやる気は急上昇です。
接待じゃなくても複数人連れてくるという予定を伝えればよいです。

これで好印象は間違いなしですね。
他の「楽しい」や「話しやすい」についても具体的な戦略はありますが、長くなるのでここでは省略しておきます。

キャバクラでトーク術は不要?

これは人それぞれ個性があるんでよくわかりませんね。
相性というのもありますし。

ただ、相手に悪い印象を与えてしまうような話し方やクセについては気を付けないといけないです。
この話し方やクセについては自分で解決する方法があります。

それはキャバクラでの会話をこっそり録音して、後から聞くということです。
自分の喋り方を聞いて自分で気づいた点に気を付けるだけで全然違いますよ。

あとは軽いテンションでフレンドリーに接することを心がければよいと思います。
まず自分から心を開かないと相手は心を開いてくれません。

私の場合はいつも自虐ネタで怒涛の攻撃を仕掛けますね^^;
初めっから自虐全開でくる人はなかなかいないらしく、かなり効果的ですよ!!
ハゲも使いようだということです。

ということでまとまりのない雑感になってしまいましたが、今日はこの辺で。
また近いうちに2回目以降の会話戦略についても書いていきたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせてお読みください。

 - SEO日記 ,