キャバクラを10倍楽しむ方法

キャバクラを出会いの場として活用する方法

*

恋愛格言|ルールで行動をコントロールする

      2015/12/23

こんにちは。
格好いいハゲ代表のジェイソン・ステイサム(Jason Statham)を目標にしているけなっしーです。

ジェイソン主演のトランスポーターで彼が演じる運び屋は、自分の仕事に対して3つのルールを決めています。
「契約厳守」「名前は聞かない」「依頼品を開けない」というルールですが、このルールを破ってしまうことで彼は様々なトラブルに巻き込まれてしまいます。

恋愛も同様で自分で確固としたルールを決め、それを守るよう心がけないと正しい判断ができず、思うような成果が得られないことが多々あります。

まずは自分のルールを決めてみる

今回はキャバクラに限定したお話をします。
私はキャバ嬢を攻略するためのルールとして以下のことを自分で決めて守るようにしています。

1. 最大2セットまで
2. 自分から連絡先を聞かない
3. 3回通ってデートできなければあきらめる

1. 最大2セットまで
楽しいのでもっと一緒にいたくなって延長したくなることがありますが、そんなに長く店に居てもただのお客さんになってしまうだけです。ルールだからと自分に言い聞かせて最大2セットで帰るようにしています。

2. 自分から連絡先を聞かない
恋愛格言|口説かない(続き)を参照ください。
初めから自分のことが好きだとわかっている相手に対して恋愛感情を持つことはないので、好きなのかどうか分からないように振る舞うことが重要です。仕方なく教えるというくらいがちょうど良いのではないでしょうか。

3. 3回通ってデートできなければあきらめる
休日デートを実現するまで4回目は行かない!と固く誓うことで嬢の言いなりになることを避けます。良い客からスタートするのが私のプロセスですが、嬢にとってただの都合のよい客になってしまってはいけません。我慢しましょう!

このように自分でルールを設定することにより、欲望のままにお金だけを使い続けることを回避しています^^;

自分のルールに従わせる

なんでも相手に合わせてヘラヘラしているような男のことを女性は好きになりません。何事も自分が主体となって考え行動することにより、男としての価値を上げていくことが重要です。

自分で決めたルールを守ることにより自分を支配し、その結果自分の行動に女性が興味を持つことになります。ブレない自分のルールを持っている男は、女性から見ると「余裕がある」ように映るようです^^;

ただ気を付けなければならないのは、自分と一緒にいることのメリットや自分に対する興味を伝える以前にルールだけを前面に出しても自分勝手な男にしかならないということです。

このあたりのさじ加減はちょっと難しいので私もよく失敗します。特に気の強い女の子とは喧嘩になってそのままサヨウナラということもあります^^;

まずは簡単なルールを決めてそれを守る、ということを意識するだけでよいと思います。舐められないように!でも相手を尊重することも忘れず、楽しいキャバクラライフを送りましょう!

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせてお読みください。

 - 恋愛格言