キャバクラを10倍楽しむ方法

キャバクラを出会いの場として活用する方法

*

キャバ嬢攻略|あず ~新鮮な初アフター~

      2016/11/09

こんにちは。
けなっしーです。

前回はけなっしー好み美少女あずとの出会いについてお話ししました。
初回はトータル15分ほどしか話していませんし、連絡先も交換していないので間を空けずに中3日で訪問してきました。

今回は他の予定がなく時間があるので、ゆっくり会話しながら完全に心を開いてもらうことを目標にします。まずは前回のイタ客話から共通の趣味の話や恋愛話で「話が合う、楽しい」と思わせつつ、一切誘わずに他の客との違いを印象付ける作戦です。

その日はハロウィンイベントでした^^;

蜂のコスプレをしたあずと対面し、戦闘開始です^^;
最終的に落とすことを目的にしているのでキャバクラは戦場なのです。

誰かに似ていると初対面の時から思っていたのですが、ようやく判明しました。倉科カナですね。

1470-02顔もおっぱいもこんな感じ^^;
出典 geino365.blog.fc2.com

さて、イタ客とはその後どうなったのかをまずは聞いていきたいのですが話が横道にそれてばかりで一向に進みません。こちらが気を遣わなくてもどんどん会話が弾んでしまうのでその心地よさに中々戦闘を開始できない状況が続きます^^;

彼女の天性の才能と思いますが相性も良いのだと勝手に思い込み、しばらく流れに身を任せていました。もう一組あず指名のお客さんがいたので本題に入ろうとしたらお別れというパターンを繰り返していたのですが、何度目かの帰還であずはこれまでと明らかに違う表情で戻ってきたのです。

またしてもイタ客登場!

「奴が来たみたい・・・」
こちらの部屋に戻ってくるときに奴を見つけたらしいのです。そうです。前回話題を提供してくれたあの痛いお客様です。

「どうしよう。本当に嫌なんだけど・・・」
「店の人に相談してNG認定しちゃったら?」
「え~でも・・・」
「メリットない客なら切ってしまって大丈夫だから」
「メリットは本当にないんだけど・・・」
「今すぐ相談してきなよ」
「わかった」

ということで店の人と相談しに行かせました。あずが相談に行ってる間一人ぼっちで待ちます。待つこと15分くらいでしょうか。あずが戻ってきました。

「泣いたよ~」
「解決した?」
「わからない・・・」
「心配しなくてもたぶん大丈夫だと思うよ」
「ありがとう。ごめんね」

という感じでイタ客さんのおかげでまたもあずの感情を揺らすことができました。喜怒哀楽の感情は大切です。喜ばせてばかりいても惚れられることはありません。私が泣かせたわけではないですが、私といる時間に泣くほど感情が揺れたということは必ずプラスになると思います。

初アフターは突然に

そうこうしているうちに早くもあずの終業時間に。
「もう終わりなんだけど、今日はこの後バイト入ってないの・・・」
「じゃあ気晴らしになんか美味いもんでも食べに行くか!」
「うん!!」
ということでアフターへ。アフターと言ってもまだ17時台なんですけどね^^;

今日は誘わないつもりでしたが、まあ自然な流れだし下心はないので良しとしておきましょう。

先に店を出て彼女を待ちます。
しばらくすると彼女が出てきました。初アフターでは警戒心を完全に取り除くことに専念します。手を繋いだりのスキンシップは今日はガマン^^;

こちらは昼からずっと飲んでいるのであまり食べることができませんが、あずはまあよく食べる食べる^^;
よく食べる子は好きです。お酒も普通に飲んでくれます。

飲み過ぎて酔っ払い気味の私でしたが、今回は硬い意志で100%スケベを封印できたと思います。我ながらよく頑張りました。

落ち着いたところであっさり切り上げ、バイバイしました。
外で会う安心感も十分与えることができたのでもう少し好感度を積み重ねていけば普通にデートする関係にはなれるでしょう。
勝負はまだまだ先です。まずはもっと彼女のことを知らなくては。

ということで夕方からのアフターは新鮮な初体験でした。
ではまた。

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせてお読みください。

 - キャバ嬢攻略活動記録 ,